El Mylar

映画・音楽作品の感想とか。

映画「Equalizer 2 イコライザー2」を観た

2018年。デンゼル・ワシントンのアクション映画2作目。

1作目

1作目のレビューをしていなかったのでついでに書くが、1作目はかなり面白かった。2014年。

ホームセンターで働くデンゼル・ワシントンが実は元 CIA で、ギャングと対立してホームセンターにおびき寄せ、日用品でぶっ殺すというモノだった。アクションが面白かった。

イコライザー (字幕版)

イコライザー (字幕版)

  • 発売日: 2015/02/11
  • メディア: Prime Video

イコライザー (吹替版)

イコライザー (吹替版)

  • 発売日: 2015/02/11
  • メディア: Prime Video

2作目

2作目は、ホムセンで大暴れしたデンゼルがタクシー運転手に転職し、悪事に手を染めるかつての仲間たちと対立して対決するというモノ。

ただ、途中途中で色んな人を助けようとするので、話の軸がブレて、なんだか分かりづらい。

アクションも1作目よりパッとしなくて、さすがに撮影当時63歳のデンゼルにアクションは厳しいか?と思ってしまったり。1作目で出し切っちゃってたかなー。

イコライザー2 (吹替版)

イコライザー2 (吹替版)

  • 発売日: 2018/11/23
  • メディア: Prime Video

イコライザー2 (字幕版)

イコライザー2 (字幕版)

  • 発売日: 2018/11/23
  • メディア: Prime Video

イコライザー2 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

イコライザー2 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

  • 発売日: 2019/08/07
  • メディア: Blu-ray

映画「Inferno インフェルノ」を観た

久々にネトフリを見た。ダ・ヴィンチ・コード、天使と悪魔の続編。2016年。

neos21.hateblo.jp

neos21.hateblo.jp


一言要約:トムが人口を半減させる強力なウイルスの拡散を阻止する。


トム・ハンクスは病院で目を覚まし、地獄の幻覚に襲われながら、直近の記憶を失っていることに気が付く。

担当医であるフェリシティ・ジョーンズことシエナがトムの様子を見ていると、突然女の殺し屋に襲われる。命からがら逃げ出し、シエナの家に逃げ込む。

トムはボッティチェリの「地獄の見取り図」が映る小型のプロジェクタを持っていたが、経緯は思い出せない。さらにトムはダンテのデスマスクを美術館から盗み出していたことが判明するが、その記憶も、デスマスクの所在も覚えていなかった。

やがてトムとシエナは、「人口爆発に対処するには人類の多くを殺すしかない」という持論を展開していたゾブリストという故人の計画を知ることになる。それは、ウイルスを拡散し、多くの人の命を奪う計画であった。

ウイルスはトルコ・イスタンブールのアヤソフィアに隠されていることを突き止める。するとシエナが正体を表す。彼女はゾブリストの恋人で、彼の遺志を継いでウイルスを拡散しようとしていたのだった。彼は直接的な情報を遺さなかったので、トムの力を借りて謎を解いてきたのだった。

シエナに逃げられたトムはイルファーン・カーンにネタバラシされる。トムが病院に送り込まれ、シエナと行動を共にするよう仕向けたのは、イルファーンの組織であった。イルファーンの組織は、ゾブリストに生前そのように依頼されていたためにそのような猿芝居をでっち上げたのだが、ゾブリストがウイルスを拡散しようとしていることまでは知らず、その計画を知ったイルファーンはウイルス拡散を阻止するため、トムに協力することにしたのだった。

アヤソフィアに辿り着いたトム一行は、シエナとその協力者たちと格闘。イルファーンは刺殺され、シエナは爆弾を起動して自爆するが、ウイルスの拡散はすんでのところで食い止めたのだった。

「ウイルスの素」は WHO で働くトムの旧友・エリザベスが引き取り研究することになった。トムはダンテのデスマスクを美術館に返し、立ち去るのだった。


シリーズ3作目にして、ラングドン教授の能力を封じるための「軽い記憶喪失」という設定はなかなかおもしろかった。ただ、最初からフェリシティ・ジョーンズが裏切るんやろなーと思いながら見てたので、あまり驚きはなかった。

イルファーン・カーンの組織が仕組んだ一連のでっち上げが都合良すぎ感。

クライマックスの舞台となる「アヤソフィア」は、ジャッキー・チェンの映画「アクシデンタル・スパイ」にも出てきてたなー。

インフェルノ (吹替版)

インフェルノ (吹替版)

  • 発売日: 2017/01/19
  • メディア: Prime Video

インフェルノ (字幕版)

インフェルノ (字幕版)

  • 発売日: 2017/01/25
  • メディア: Prime Video

映画「Post ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」を見た

久々にネトフリ見た。2017年・アメリカ。

以前見た「All The President's Men 大統領の陰謀」という1976年の映画で描かれた「ウォーターゲートビル事件」の前日譚といえる。

neos21.hateblo.jp

ベトナム戦争を分析した機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」が流出し、その内容を暴露したワシントン・ポストのジャーナリストを描いている。実話に基づいた作品。

ペンタゴン・ペーパーズは、国防長官のロバート・マクナマラが作成を命じた文書。彼は表向きは政府の指示どおりに仕事をこなしていたが、裏では政府が隠蔽する実情に憤っており、「いつの日か、本当のベトナム戦争の実情を冷静に分析できるように」という思いから、ペンタゴン・ペーパーズを用意していた。

その作成にも携わったダニエル・エルズバーグという分析官が、その文書を持ち出して複製し、ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストにリークしたのだった。

先に入手し報道したのはタイムズだったが、政府が差止命令をくださんとしている状況下で、ワシントン・ポストとしては文書を入手し公表するべきかどうかが激しく議論されていた。

ワシントン・ポストの編集長であるトム・ハンクスことベン・ブラッドリーは、かつてはホワイトハウスと良好な関係であったが、報道の自由を守るためにも報道するべきだ、と強く働きかける。ワシントン・ポスト社長のメリル・ストリープことキャサリン・グラハムは、トム・ハンクスを信頼はしているものの、マクナマラとも知人であり、文書を掲載することは法律に反する、何より公表したことによる会社の存続への影響を考え、その狭間で悩む。この辺の、当事者たちの葛藤や舌戦の緊迫感が凄い。

結局、メリル・ストリープは記事を掲載することで決断。各紙がそれに続いてワシントン・ポストを支持してくれたこともあり、ホワイトハウスとの裁判にも勝利した。

報道の自由を勝ち取ったのも束の間、警備員が民主党の事務所に忍び込んでいた男たちを逮捕する。それが「ウォーターゲートビル事件」に端を発する事件の幕開けだった…という終わり方。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 (字幕版)

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 (字幕版)

  • 発売日: 2018/06/22
  • メディア: Prime Video

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(吹替版)

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(吹替版)

  • 発売日: 2018/07/28
  • メディア: Prime Video