El Mylar

映画・音楽作品の感想とか。

映画「Daredevil デアデビル」と「Elektra エレクトラ」を見た

今日は関連作品2本を同時に紹介する。

映画「Daredevil デアデビル」

デアデビル (吹替版)

デアデビル (吹替版)

映画「デアデビル」は2003年の映画。ベン・アフレックは幼少期に、盲目になった代わりに他の感覚が超人的に発達し、街のダークヒーローとして暗躍していくストーリー。

昼間は弁護士として生活しているベンアフは、ある日ジェニファー・ガーナーと出会う。彼女の父はコリン・ファレルに殺されるが、彼女はそれをデアデビルの仕業と勘違い。誤解を解き、悪に制裁を下すため、ベンアフはデアデビルとなってコリン・ファレルをボコボコにする。しかしジェニファー・ガーナーも命を落としてしまい、ベンアフは怒りのキックで大ボスのジョン・コーフィーの両膝をへし折る。

一連の騒動に勘付いた新聞記者のジョー・パントリアーノは、ベンアフの正体を暴露しようとするが、思い留まって記事の下書きを消す。デアデビルは、市民に守られながらこれからも暗躍する。


「ザ・2000年前半の映画」って感じの画質だった。ワイスピ X2 とかもそうだけど、この頃の映画の画質って何?超好き。w

ダサカッコ良くて面白い映画だった。

デアデビル (字幕版)

デアデビル (字幕版)

デアデビル/ディレクターズ・カット [Blu-ray]

デアデビル/ディレクターズ・カット [Blu-ray]

映画「Elektra エレクトラ」

映画「エレクトラ」は2005年の映画。「デアデビル」で殺されたジェニファー・ガーナーことエレクトラは、師匠テレンス・スタンプが「キマグレ」なる技を使い、蘇生する。

そこからエレクトラは、キマグレにキルステン・プラウトの暗殺を命じられ、キマグレに彼女の暗殺をやめて保護を始め、キマグレに戦ってキマグレに映画が終わる。

ボブサップが出てるのだが、キマグレにすぐ死ぬ。


正直クソつまんなくて後半全然まともに見られなかった。

デアデビルはダサかっこ良くてまぁまぁ見られたのに、エレクトラはパイロット版のテレビドラマかと思うような粗末な出来。「B 級」と「クソ映画」の区別はどこにあるんだろう、そんなことを考えさせられる2作品だった (違

エレクトラ (字幕版)

エレクトラ (字幕版)

映画「Triple Frontier トリプル・フロンティア」を観た

2019年の映画。Netflix オリジナル。

民間の軍事会社に所属するポー・ダメロンは、ブラジルの麻薬王が自宅に多額の金を隠し持っていることを知り、陸軍時代の仲間たちとの強奪計画を立てる。

陸軍時代のリーダだったバットマンは、現在は退役して売れない不動産の営業になっていた。別れた妻と娘に金を渡すため、計画に乗る。また、どんなことも数をカウントする癖のあるキング・アーサー、その弟でしがないボクサーに成り下がっていたパトロクロス、コカインで免停中のパイロットであるウイスキーが仲間に加わった。

彼らは麻薬王の留守中に豪邸に忍び込み、大金をせしめる。しかし飛行機に詰めないほどの大金を盗んでしまったために、重量オーバーで飛行機が壊れる。不時着した村で村人と銃撃戦になり、賠償金として一部の金を支払うも、父を殺された恨みから村人の一部が彼らを追い始める。

山脈を地道に徒歩移動していたが、崖からラバごと大金の一部が滑落してしまったりと散々な状態。さらに追手の村人がベンアフバットマンを射殺。彼らは大金の運搬を諦めて、金が入ったバッグのほとんどを崖下に投げ捨てる。

射殺されたバットマンの遺体をかついで海から逃げようとするも、麻薬組織の残党が追ってきて、命からがら逃げ出す。

逃げ延びた一行は、手元に残った金をバットマンの遺族に渡すことに決め、解散する。しかし、何でも数を数えるクセのあるキング・アーサーは、「大金を投げ捨てた崖」の緯度・経度をメモしていたらしく、ポー・ダメロンに座標が書かれた紙を手渡して去っていった。


「金に目がくらんで、ずさんな計画変更しちゃいましたー」「その結果大金のほとんどを失いましたー」っていう、寓話みたいな映画だった。

あんまりスカッとはしないし、基本みんなポンコツなので、その醜さを飲み込む映画かな、と思う。

NETFLIX コンテンツ帝国の野望 :GAFAを超える最強IT企業

NETFLIX コンテンツ帝国の野望 :GAFAを超える最強IT企業

NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く

NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く