El Mylar

映画・音楽作品の感想とか。

Nikon AF-S DX 18-200mm F3.5-5.6 G IF ED VR を買った

Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18-200mm F3.5-5.6G(IF) ニコンDXフォーマット専用

Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18-200mm F3.5-5.6G(IF) ニコンDXフォーマット専用

ついこの前 Tamron 18-270mm を買った記事を書いたが、どうもピント合わせのモタつき感じと解像感のなさが嫌で、また高倍率レンズを買ってしまった。Nikon AF-S DX 18-200mm F3.5-5.6 G IF ED VR だ。2017年6月26日、ヤフオクで買った中古で17,500円なり。レンズの口径は 72mm。

自分が買ったのは前モデルの「VR I」で、現在は VR II という後継機種が出ているが、この「II」とは VR の性能が上がってるという意味の「II」ではないようで、基本性能はほとんど変わらないようだ。

違いはというと、ロックスイッチが付いたのと若干逆光に強くなった?程度の差みたい。なのでカメラ性能としてら前モデルでもほぼ変わりなし。VR の文字が赤くて、これはこれでカッコイイ。

↑コッチが VRII。

今回も使ってみた感想を。

f:id:neos21:20170725232024j:plain

タムロンよりはシャープに見える

気になる画質は、タムロンと比べると若干シャープに写っているかな?という感じ。全体的には眠たい感じが拭えず、便利ズームってやっぱりこれが限界なのかな、と思った。なんとなく後ピンっぽく見えるというか。

f:id:neos21:20170725232025j:plain

↑左が Nikon 18-200mm、右がタムロン 18-270mm。伸ばしきったところの長さはあまり変わらない。

オートフォーカスは良い感じの速さ

オートフォーカスは常用に十分なスピード。望遠側でもタムロンほど迷うことなく合ってくれて使いやすい。

ロックスイッチはなくても気にならない

ロックスイッチがないので鏡胴が伸びることがあるかもなー、と思っていたが、首から下げて歩いているレベルでは大丈夫だった。多分もっと使い込まれた中古品だと、もう少しリングが甘くなっててずり落ちやすくなったりするかも。

中古故にマニュアルフォーカスリングがイマイチ…

中古品のためか、マニュアルフォーカスリングの回し心地が悪く、時々上手くテレ端・ワイド端まで回せないことがある。これは個体の選別ミスか。

f:id:neos21:20170725232026j:plain

できれば新品を買ったほうがより良さが分かるモデル

全体的には使い勝手が良く、サードパーティのタムロンと比べると、さすがニコン純正なだけある。機種自体に大きな不満や問題は感じないので、できればちゃんと新品を買った方が、良さが実感できそうだなと思った。

今から新品の後継モデルを買うかどうしようか悩むのう……。

角松敏生ライブに行った

SEA IS A LADY 2017(初回生産限定盤)

SEA IS A LADY 2017(初回生産限定盤)

もう一ヶ月近く前になるのか…。時間の流れが早い…。

2017年6月30日、中野サンプラザで行われた角松敏生のライブに行ってきた。今年5月に発売された「Sea Is A Lady 2017」のライブだ。

Sea Is A Lady はオリジナル版から大好きで、ひととおりギターをコピーした。リメイク版である Sea Is A Lady 2017 ではレスポールが導入されたのと、ドラムの山本真央樹 (山本恭司の息子さん!) がバカテクだったので、生で一聴したいと思いライブに行ってきた。

f:id:neos21:20170725232021j:plain

ライブの感想

チケットを買うのが遅くて、中野サンプラザの2階席のほとんど最後列になってしまったが、逆に全体が見えてゆったり聴けた。

Summer 4 Rhythm や Incarnatio からの楽曲もいくつかやっていて、夏らしいライブでとても良かった。

The Moment からゴスペルの曲も披露されて、原曲を聴いてた時はあまりピンと来てなかったのだが、生で聴いて圧倒された。いい曲ですね。笑

アンコールの Take You To The Sky High ではお馴染み紙飛行機も飛びまくってて最高だった。


角松ライブ行きました

終わったのが22時過ぎていたので、中野でラーメン食べて帰りました。w

f:id:neos21:20170725232022j:plain

ツアーパンフは… (笑)

普段ほとんどライブに足を運ばない人間なので、記念にツアーパンフを買った。3500円とかかなり高かった。

買ってみてやっぱりというかなんというか、ほとんど角松の写真集状態。w これはどうなんだ…w

f:id:neos21:20170725232023j:plain
↑Player も買った。

セットリスト

ほとんどずっとギターを抱えていたので、記憶ベースで使用機材を書いてみる。

  • Way To The Shore … 青ストラト (Moon のシグネチャモデル)
  • Sea Line
  • Night Sight Of Port Island
  • Aijin
    • (MC)
    • Sea Side Love Affair
  • Sunset Of Micro Beach … YAMAHA のサイレントギターかな?使ってた
  • Lovin' You … 金レスポに交換・ボリューム奏法
  • A Widow On The Shore … 青ストラト
  • アマヌサの海
    • (MC)
  • Tom Scott - Street Beat … バーストレスポ
  • Mid-Town … 未音源化曲
  • 52nd Street … 金レスポ
    • (MC)
  • Get Back To The Love … 青ストラト
  • Summer Babe
  • Beam
  • All'n All
  • Mid Summer Drivin'
    • (アンコール)
    • (MC)
  • Oshi-Tao-Shitai … バーストレスポ
    • (アンコール)
  • Parasail … 青ストラト
  • Take You To The Sky High

この後にもう1回アンコールで

  • IZUMO
  • 浜辺の歌

をやった、という情報もあるのだけど、少なくとも自分は抜けてしまったので分からない。


角松本人が言ってたけど、あと数年でちゃんちゃんこ着る年齢だ、というのが、自分の親もそうだなぁ…とか思って途端に焦り出したりしていた。w

SEA IS A LADY

SEA IS A LADY