El Mylar

映画・音楽作品の感想とか。

映画「Angels & Demons 天使と悪魔」を観た

2009年。「ダ・ヴィンチ・コード」の続編。

天使と悪魔 (吹替版)

天使と悪魔 (吹替版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

天使と悪魔 (字幕版)

天使と悪魔 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

ローマ教皇が死去。次の教皇を決めるコンクラーベがバチカン市国で開催された。そんな折、トム・ハンクスの元にバチカン警察の捜査官が現れ、極秘捜査を依頼してきた。話によると、次期教皇の有力候補とされていた4名の枢機卿が誘拐され、「1時間おきに枢機卿を1人ずつ殺していく」という脅迫状が届いたという。

一方、スイスの CERN 研究所では、反物質の生成に成功したが、直後に何者かによって反物質が奪われてしまう。研究員のアイレット・ゾラーは、それが爆発すればバチカンが消滅するほどのエネルギーになるとし、トム・ハンクスとともにバチカン警察に招集されていた。

トムは犯行がイルミナティによるものと確信し、ゾラーとともに捜査を始める。手がかりを基に礼拝堂や協会を調べていくが、3人の枢機卿を救えずに終わってしまった。4人目の枢機卿は何とか救助に成功し、監禁されていた場所が明らかとなる。トムとゾラーがその場所に向かうと、遺物から5人目のターゲットとして、カメルレンゴのユアン・マクレガーが狙われていたことが分かる。すぐに連絡を取ろうとするが、イルミナティから金をもらって動いていた殺し屋と遭遇し、携帯を奪われてしまう。

仕方なく、秘密通路を走ってバチカンに戻った二人は、急いでユアンの危機を伝える。そのとき、教皇執務室からユアンの悲鳴が聞こえる。慌てて突入すると、そこには胸に焼印を押されたユアンと、ユアンに銃を向けていたバチカン警察の捜査官がいた。捜査官は射殺され、ユアンは一命を取り留める。

反物質は、コンクラーベが行われているサン・ピエトロ大聖堂に隠されていることを突き止めるが、解除するまで時間が残されていなかった。すると、空軍パイロットの経歴を持つユアンは反物質を持ってヘリに乗り込み、上空で反物質を爆発させた。ユアンはパラシュートで間一髪脱出し、一命を取り留める。ユアンの勇敢な行動は称賛を浴び、枢機卿たちは彼を次期教皇に推薦する。

トムは、射殺された捜査官が持っていた鍵を基に、教皇執務室の監視モニタを発見する。そこにはユアンが自らに焼印を押し、捜査官に襲われたように偽装していた記録が残っていた。映像を確認した捜査官はユアンを逮捕しようとするが、ユアンは焼身自殺する。

結局、一連の事件の真相は伏せられ、トムが救助した4人目の枢機卿が新教皇となった。


みんな大好きイルミナティ。みんな大好きダ・ヴィンチ絡みの陰謀論。ユアン・マクレガーが強すぎるし反物質がヤバすぎて SF 一歩手前だったが、まぁまぁスリリングで楽しめた。