El Mylar

映画・音楽作品の感想とか。

映画「Eraser イレイザー」を見た

1996年。アーノルド・シュワルツェネッガー主演。

証人保護プログラムのエージェントであるシュワは、証人を狙う連中を抹殺し、証人の死を偽装することで保護するなど、華麗な腕さばきを見せていた。

ある日シュワは、軍事企業の陰謀を掴んだヴァネッサ・ウィリアムスを保護する。その陰謀の首謀者は国防次官で、さらにシュワの先輩である連邦保安官のロバートらもグルであった。組織の身内を頼れないシュワは、かつてシュワが救った証人の一人であるロバート・パストレリに協力を要請し、ヴァネッサと3人だけで、陰謀の証拠が記録されたディスクを追いかける。

ディスクの内容を解読すると、奴らはロシアのマフィアと武器を密売していることが発覚。追手と銃撃戦になるが、シュワから連絡を受けていた本部長のコバキヨジェームズ・コバーンが駆けつけ、ロバートらは逮捕される。

ロバートや国防次官らは起訴されるが、裁判は有罪に持ち込むのが難しい状況であった。彼らが裁判所を出ると、証人のヴァネッサやシュワたちが乗り込んだクルマが爆発。証人が消えたことで連中は喜ぶが、話を聞くと誰も爆破を計画・指示していなかったことが分かる。

では誰がヴァネッサを暗殺したのか…?

疑問が浮かんだ直後、彼らが乗るクルマは踏切の真ん中で急停車する。ドアにはロックが掛けられ、運転手になりすましていたロバート・パストレリはそそくさと退散する。

シュワは動転する連中に電話をかけ、「お前たちは消去された」と告げる。クルマに列車が衝突し、彼らは死亡。

シュワはヴァネッサが待つクルマに戻る。「3人はどうしたの?」と聞くヴァネッサに、シュワは

「見送ってきたよ」

と言い、クルマを走らせるのだった。


  • レイルガン
  • パラシュートなしで飛行機から飛び降りるスタント
  • CG のワニ

が楽しめる一品。


eraser-crocs

「カバンにしてやるぞ」

(ワニ誘い出しておいて射殺って酷いよね…)

フリーフォールのスタントシーンで、明らかにシュワではないスタントマンの顔が映る。幼い頃にコレを見て、「あぁ、俳優のように表に名前が出ないけど、こうして裏方で頑張っている人もいるんだなぁ」と、なんだか愛おしい気持ちになったのを覚えている。


Eraser SMP

「ゲットスマート」や「クリフハンガー」のスタントシーンを担当したノーマン・ケント・プロダクションが携わっている模様。シュワ役はいつものピーター・ケントさんかしら。

シュワちゃん全盛期の一作だが、「ラスト・アクション・ヒーロー」や「トゥルーライズ」などと比べると、今ひとつシュワの魅力が表現できていない感が。そこまで荒唐無稽な最強キャラにも振り切れていない感じ。でも好きな映画。w

イレイザー(吹替版)

イレイザー(吹替版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

イレイザー (字幕版)

イレイザー (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

映画「Ray レイ」を観た

2004年。ジェイミー・フォックスがレイ・チャールズを演じた伝記映画。

1930年、アメリカのジョージア州で生まれたレイ。7歳の時に弟を溺死させてしまい、その数カ月後に緑内障で視力を失う。それでも強い母に厳しく育てられ、近所のオジサンからピアノを習い始める。

17歳になったレイは、シアトルの酒場で流行りの曲を演奏し生活していた。いっときはトリオバンドで売れるが、悪徳マネージャと決別しソロデビュー。本来宗教的な賛美歌である「ゴスペル」を R&B と融合するなど、チャレンジングな音楽を生み出し、賛否両論の中で大ヒットする。

その頃に結婚もするが、人気とともに浮気やドラッグもエスカレートする。ジョージア州では黒人差別により公演をキャンセルするなど、母の教えに沿って善き人間でありたいと思う一方、弟を失ったトラウマをごまかすためのドラッグを止められず、レイの生活は次第に狂っていく。

1965年。いよいよ耐えかねた妻の説得により、レイは更生施設に入る。禁断症状による妄想の中で亡き母や弟に再会すると、トラウマを克服する。

1979年、ジョージア州はかつて公演をキャンセルしたレイに対し、永久追放を取り消し謝罪。レイが作った「我が心のジョージア」を州歌に制定するのだった。

それからさらに20年以上、レイの歌は世界中に愛され、2004年、レイはその生涯を閉じるのだった。


やはりジェイミー・フォックスの演技は素晴らしい。製作中はレイ・チャールズ本人も存命だったらしく、演技指導もされていたらしいが、生き写しのようである。

自分の不注意から弟を溺死させてしまったというトラウマに苛まれていたようで、失明したレイが見ていたであろう「イメージ」を、上手く映画の中で描写していたと思う。

毎度スティービー・ワンダーと軽く間違えるが、この映画でレイ・チャールズを覚えたので、これからは大丈夫なはず (何が?w)。

Ray / レイ (字幕版)

Ray / レイ (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

映画「Beauty And The Beast 美女と野獣」を観た

1991年、ディズニーのアニメ映画のヤツ。

あるところに、ハンサムだがワガママな王子がいた。王子は醜い老女に一晩泊めて欲しいとお願いされるが、それを断り追い返そうとした。するとその老女は魔女に変身し、王子と城に魔法をかけてしまった。王子は醜い野獣に、召使いたちは家財道具に変身させられ、王子が「真実の愛」を見つけなければ魔法は解けない、といって去ってしまう。王子は自分の容姿を恥じて引きこもりになった。

それから10数年後。村一の美女として評判だったベルは、ナルシストのバカマッチョ・ガストンからの求婚をかわし、父とともに慎ましく暮らしていた。

ある日、ベルの父は森で狼に襲われ、逃げ延びた先に見つけた野獣の城に飛び込む。助けて欲しいとお願いする父だったが、不法侵入者だと怒った野獣は、父を牢獄に閉じ込めてしまう。父の足取りを追って城に辿り着いたベルは、自分と引き換えに父を解放してほしいとお願いする。野獣はその条件を受け入れ、父を城の外に放り出すと、ベルを幽閉してしまうのだった。

家財道具となった家来たちはベルをもてなし、ベルは次第に城での生活に慣れていく。しかし父の様子が気になったベルは、野獣から「魔法の鏡」を借りて父の様子を見た。すると父は単身ベルを探し求めて、森で行き倒れていた。不憫に思った野獣は、ベルを解放することにする。

父を助けに村に戻ったベルは、そこでガストンと遭遇する。ガストンはベルと野獣の関係を察し、嫉妬から「恐ろしい野獣を退治するのだ」と城に向かう。ガストンは野獣に矢を放つが、ベルを失って落ち込む野獣は抵抗しない。そこにベルが駆けつけると、野獣は気持ちを取り戻し、ガストンに反撃。ガストンに脇腹を刺され、野獣が振り払うと、ガストンは谷底に落下してしまった。

瀕死の野獣はベルに告白し、事切れる。ベルも涙を流しながら告白をすると、魔女がかけた魔法が解け、野獣は元のハンサム王子に戻ったのだった。


コレまで美女と野獣はちゃんと見たことがなくて、先に実写映画の方を見てしまったぐらい。テレビでやっていたのでようやく見られた。

野獣先輩の声は山寺宏一。こんな野太い声も出るなんて、改めてすごいなーと思った。

元々の「ハンサムな王子」の描写がパトリック・スウェイジで、あぁ~時代だなーと思うなど。

美女と野獣 (吹替版)

美女と野獣 (吹替版)

  • 発売日: 2015/03/18
  • メディア: Prime Video

美女と野獣 (字幕版)

美女と野獣 (字幕版)

  • 発売日: 2015/03/18
  • メディア: Prime Video