El Mylar

映画・音楽作品の感想とか。

映画「Blue Thunder ブルー・サンダー」を観た

1983年。

ブルーサンダー [AmazonDVDコレクション]

ブルーサンダー [AmazonDVDコレクション]

  • 発売日: 2016/09/21
  • メディア: DVD

ベトナム帰還兵のロイ・シャイダーは、ロス市警察の航空隊で働いていた。ある日彼は州当局が開発した最新のヘリコプター「ブルー・サンダー」のテストパイロットに選ばれる。このヘリは地上の会話まで鮮明に聞き取れる盗聴マイクや、警察のデータベースにアクセスできるコンピュータ、さらにはガトリング砲まで備えた、最新鋭のヘリコプターだった。

ロイはブルー・サンダーでのテスト飛行中、偶然にも政府関係者たちの密談を録音してしまう。それはヒスパニック系の地区でわざと暴動を起こし、反対派を暗殺した上でこのヘリの能力をアピールしよう、というとんでもない計画だった。密談の内容はブルー・サンダーのカメラとマイクによって録画され、テープに保存された。

密談に参加していたマルコム・マクダウェル大佐は、ベトナム戦争時代にロイと関係がある因縁の仲。彼はロイを捕まえ殺そうと動き始める。

ロイのパートナーは密談のテープを隠すが、マルコムの仲間に殺される。ロイは自分の妻にテープを探させ、テレビ局に持ち込むよう伝える。そして逮捕容疑がかけられたロイはブルー・サンダーを盗み出し飛行する。

ブルー・サンダーを止めるべく、マルコムは戦闘機まで駆り出すが、ブルー・サンダーの性能とロイの飛行テクニックによってロケット砲を華麗に回避。

業を煮やしたマルコムが自らヘリに乗りロイを追跡するが、ブルー・サンダーでの宙返りという曲芸を見せつけられ、背後を取られてガトリング砲の餌食になる。

結局ブルー・サンダーは線路に不時着し列車と衝突して大破。密談のテープがテレビで放送され、ロイの容疑は晴れ再捜査が始まる…という形でエンド。

ブルーサンダー (字幕版)

ブルーサンダー (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

何の予備知識もなしに見始めたが、なかなか面白い映画だった。

映画「King's Speech 英国王のスピーチ」を観た

2010年。吃音 (どもり) に悩まされていたジョージ6世を描いた作品。

英国王のスピーチ (字幕版)

英国王のスピーチ (字幕版)

  • メディア: Prime Video

英国王のスピーチ (吹替版)

英国王のスピーチ (吹替版)

  • メディア: Prime Video

ジョージ6世ことコリン・ファースは、医師免許を持たない言語療法士のライオネル・ローグことジェフリー・ラッシュと出会い、その奇妙な治療法に戸惑いながらも、着実に吃音が改善していく。

コリン・ファースは当初は王になる予定ではなかったが、兄貴のガイ・ピアース (エドワード8世) がちゃらんぽらんなのでうっかり王になってしまう。プレッシャーを感じる中、ジェフリー・ラッシュに励まされ、なんとか第二次世界大戦の開戦に伴うラジオ演説を成功させる。

テンポがよく、見やすくて面白い映画だった。

映画「Gone Girl ゴーン・ガール」を見た

2014年。デヴィット・フィンチャー監督。

ゴーン・ガール (吹替版)

ゴーン・ガール (吹替版)

  • 発売日: 2015/03/06
  • メディア: Prime Video

ゴーン・ガール (字幕版)

ゴーン・ガール (字幕版)

  • 発売日: 2015/03/06
  • メディア: Prime Video

ベン・アフレックの妻、ロザムンド・パイクが行方不明になったことに端を発する「仕組まれた誘拐事件」を描く。


…のだが、前半から露骨に「夫のベン・アフレックが怪しい」描き方をしてたので、「どうせベンアフは悪くないんでしょ、嫁の自作自演とかだろ」と思って途中から飛ばし見してしまった。

真相は案の定で、さらに離婚もせず終わるので気持ち悪かった。見なくていい。