El Mylar

映画・音楽作品の感想とか。

映画「Sex And The City」と「Cell」を見た

最近見たつまんない映画2本立て。

Sex And The City

2008年の映画。言わずと知れた海外ドラマの劇場版。

40超えのセレブババアたちが年甲斐もなく恋愛や結婚でガタガタ抜かす。ミスター・ビッグこと50超えの男はナヨナヨしてるし、4人の中で唯一50超えのキム・キャトラルは女体盛りを披露する。見てられない。

何がって実際の4人はキム・キャトラルがワガママ言ってかなり仲悪いのマジ面白い。

一回くらい見といてもいいけど、ドラマシリーズにハマる連中の気が知れねぇ。

セックス・アンド・ザ・シティ (吹替版)

セックス・アンド・ザ・シティ (吹替版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

セックス・アンド・ザ・シティ (字幕版)

セックス・アンド・ザ・シティ (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

Cell セル

2016年。スティーブン・キング原作。ポール・マッカートニーもどきみたいなツラしたアイルランド系のジョン・キューザック主演。

空港に着いたジョン・キューザックが妻に電話をかけようとしていると、突然周りで携帯電話を使っていた人達が暴れ始め、ゾンビ化してしまった。元軍人で電車の車掌をやっていたサミュエル・L・ジャクソンとともに妻子のいる家に向かおうとする。

…面白かったのはこの辺までで、あとはひたすらに意味不明。「なぜ携帯電話を使っていた人達がゾンビ化したのか」「ジョン・キューザックが描いたマンガのキャラが皆の夢に登場するのはなぜか」などの理由には答えがなく、それでいてジョン・キューザックは「彼らは情報を共有して我々を取り込もうとしているようだ」などと次々と言い当てていく。

結局、妻はゾンビ化していて、逃げた息子がいる電波塔に向かう。そこで「子供もゾンビ化してた」「いや無事子供と逃げ延びた」「いや俺もゾンビになってたわ」という3段夢オチが雑にかまされておしまい。ちっとも面白くねぇし怖くもねえ。スティーブン・キングってバカなんじゃねえのか?こんな奴の作品有難がってる連中の気が知れねぇ。

セル(字幕版)

セル(字幕版)

  • 発売日: 2017/04/19
  • メディア: Prime Video

セル(吹替版)

セル(吹替版)

  • 発売日: 2017/04/19
  • メディア: Prime Video

以上

以上、気が知れねぇと思った映画2本でした。