El Mylar

映画・音楽作品の感想とか。

映画「Random Hearts ランダム・ハーツを観た

1999年の映画。

2組の中年夫婦がいた。警察官のハリソン・フォードは、出版社に務める嫁さんと仲良くやっていた。一方、女性議員のクリスティン・スコット・トーマスは、弁護士の夫カレン・チャンドラーと共働きで頑張っていた。

ある日、ハリソン・フォードはマイアミ行きの飛行機が墜落したニュースを聞く。最初は気にもとめなかったハリソンだが、嫁が「仕事の都合でマイアミ行きの飛行機に乗る」と留守電を残していたことが分かり、航空会社に問い合わせる。しかし嫁さんの名前は乗客名簿になく、さらに妻の職場の人達に聞いても「マイアミでの仕事なんてない」と言われる。

しばらくすると、身元の確認が取れない夫婦の遺体が発見される。「チャンドラー」の姓を名乗って乗客していたその女性の遺体は、ハリソン・フォードの嫁だった。

ほどなくして、カレン・チャンドラーの嫁であるクリスティンも事態を知る。するとそこにハリソン・フォードが現れ、「二人がどうして同じ飛行機に乗っていたのか探りたい」と協力を求める。議員選挙前で忙しく、娘にも心配をかけまいと気丈に振る舞うクリスティンは、ハリソンの申し出を断る。諦めきれないハリソンは単独で調査を始める…。


…ココまで聞くと、「ハリソン・フォードの嫁は不倫していたのか?それとも何か裏の事情があるのか!?」と、サスペンス要素も感じるのだが、実際は別に裏の事情なんてなくて単なる不倫。さらに、ハリソン・フォードと議員のクリスティンも未亡人同士で関係を持っちゃう

「中年になっても、男女の関係ってもんは分からない (ランダムな) モノなんですねぇ〜」

っていう映画だったみたいだが、ウーン、気持ち悪い。w

一見伏線っぽく見えるけど関係のない要素が散りばめられていて、結局はただ「不倫されてたモン同士仲良くしちゃおっか」という軽い感じ。でも最後まで議員としての世間体を気にする女の方が「こういう不健全なのはアカン」ってなだめてる感じ。盛りのついた中年ハリソンはしばらく時間を置かれたけどやっぱり盛っちゃってて、「映画のデートに誘うところからやり直すわ」とかニヤついて終わる。


映画のストーリーよりも、女性議員役のクリスティン・スコット・トーマスをどこかで見た気がしていて、調べてみたら「ミッション・インポッシブル1」で早々に殺されるスパイ仲間の一人だった。Wikipedia で調べた限り、この人の出演作はこの2本以外に見たことがなさそうだったので、あのチョイ役を覚えてたんだなぁ、と思う。

ランダム・ハーツ コレクターズ・エディション [DVD]

ランダム・ハーツ コレクターズ・エディション [DVD]