El Mylar

映画・音楽作品の感想とか。

21世紀のエイリアン。映画「Life ライフ」を観た

2017年の映画、「Life ライフ」を観た。

国際宇宙ステーションのクルーが火星探査機を回収し、サンプルの中から地球外生命体を発見する、という話。その生命体は知性を持ち、周りのモノを飲み込んで急激に成長していき、クルーに攻撃を始める…。

ジェイク・ギレンホール、ミッション・インポッシブルシリーズで知られるレベッカ・ファーガソン、ライアン・レイノルズ、真田広之など錚々たるメンツ。ライアン・レイノルズは真っ先に死ぬ。

火星の生命体は単細胞でも行動できるが、細胞分裂を繰り返して一つのグループとして行動する。一つの細胞が筋肉・知性・視覚を兼ね備えた作り。

最初は人間の指先に触れる程度のおとなしい性格だったが、実験で電気ショックを与えたことで豹変。当人としては「敵に攻撃された」と解釈したのか、クルーの手を強い筋肉で締め上げ、逃げ出してしまう。

その後も、クルーは生命体を駆除するために火で炙ったりと「攻撃」を続けるが、殺傷するに至らず、生命体はどんどん凶暴化していく。こういうスリラー・ホラー映画にありがちな「バカな仲間のせいで危険な目に遭う」という描写はほぼなく、クルーたちは迅速に行動していて、発生する「失敗」も、当人の立場で見れば納得な事象が多い。そういう意味ではイライラせずに見られた。

ただ、人類史上初の「地球外生命体」というモノに対して、実験のやり方が雑な感じはする。襲ってきたら隔離しなきゃ、と言ってる割に、テキトーに電気ショックを与えたりしていて、危機管理が微妙じゃない?


以下ネタバレ。

地球外生命体は6人中4人のクルーを殺し、どんどん巨大化していく。生き残ったのはジェイク・ギレンホールとレベッカ・ファーガソンの2人のみ。地球が嫌いだというジェイク・ギレンホールは、自らをおとりに脱出用ポッドに生命体をおびき寄せる。無事生命体をポッドに載せたジェイクは、宇宙の彼方に向けてポッドを噴射する。そして、レベッカ・ファーガソンは別の脱出用ポッドに乗り込み、地球を目指す。

…はずだったのだが、デブリ (宇宙ゴミ) との衝突で軌道が変わり、レベッカ・ファーガソンのポッドは宇宙をさまよい続け、逆に地球外生命体とジェイクを載せたポッドは地球に降り立ってしまう。生命体に飲み込まれかけていたジェイクは「ポッドを開けるな!」と繰り返すが、言葉の通じない現地民はポッドの扉を開けてしまい、映画は終了。


完全なバッドエンド。w

地球は戦争があって醜いから嫌だ、と劇中のジェイク・ギレンホールが言うが、それでいて、地球外生命体という「外部のモノ」に、甘い考えで危害を加えてみたりして、仕返しされたりする。「人間って傲慢ですね!」と言わんばかりのラストだった。

ライフ (字幕版)

ライフ (字幕版)

ライフ (吹替版)

ライフ (吹替版)

ライフ (オリジナルカード付) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ライフ (オリジナルカード付) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]