El Mylar

映画・音楽作品の感想とか。

映画「Brooklyn's Finest クロッシング」を観た

2009年の映画。3人のニューヨーク市警察官の生き様を描いた作品。

リチャード・ギアは退職を1週間後に控えた警官。ニューヨークを生き抜くには自分から事件に首を突っ込まないことだ、という考えの事なかれ主義。そんなリチャード・ギアだが女には目がなく、娼婦を抱く毎日。何とか定年退職を迎えたその夜、行方不明だった若い女性が連れ去られるのを目撃し、独自に尾行を始める…。

一方、イーサン・ホークは信心深い人物で、家族を大切にしているが、お金がなく引越しもままならない。麻薬グループのアジトのガサ入れで、現場にあったカネに手を付けそうになるが、ギリギリで踏み留まる。しかしとうとう借金が返済できなくなり、単身でアジトに乗り込もうとする…。

はたまた、ドン・チードルはギャングの一員として長年潜入捜査を続けている。ボスのウェズリー・スナイプスは良い人で、警察官であるにも関わらず、ギャングのウェズリー・スナイプスに恩義を感じてしまう。そんな折、警察の上司から、ウェズリー・スナイプスを逮捕するためのガサ入れの計画が言い渡される。正義の警察官として計画をこなすか、「仲間」であるウェズリー・スナイプスに作戦をバラして助けるか、選択を迫られる…。

…という、3人それぞれの状況が微妙に交差する作品。


以下ネタバレ。

イーサン・ホークは、麻薬グループのアジトに単身乗り込み、カネを盗もうとする。それを知った同僚はイーサン・ホークを止めようと追跡する。一足早くアジトがある公営住宅に着いたイーサン・ホークは、見事な銃さばきで一室にいたギャングを殺し、洗濯機に隠されたカネを見つける。その瞬間、公営住宅の入口にたむろしており、一部始終を見ていたギャングの一味によって、イーサン・ホークは射殺されてしまう。

ドン・チードルはウェズリー・スナイプスを助けることに決めるが、作戦をバラしたところでウェズリー・スナイプスが殺されてしまう。ギャングの仲間の一人が警察に情報を横流ししていると確信したドン・チードルは、公営住宅に向かい、内通者を射殺する。そこに遅れて到着したイーサン・ホークの同僚は、ドン・チードルがギャングと勘違いして射殺してしまう。

行方不明の女性を見かけたリチャード・ギアは、女性を載せたクルマを追跡し、イーサン・ホークが射殺された公営住宅の向かいにある別の公営住宅に辿り着く。その一室で、薬を盛られた3人の若い女性を発見する。すると女性たちを拉致したギャングがリチャード・ギアに襲いかかるが、間一髪でギャングを倒す。

こうして、

  • 家族のために正しい道を歩もうとしたが、金を盗むという間違った方法で問題を解決しようとしたイーサン・ホークは死んでしまい、
  • ギャングという間違った道ではあるが、仲間を大切にするという正しい思いを重視したドン・チードルも死んでしまい、
  • 善も悪も見てみぬフリをし続けてきたリチャード・ギアだけが生き残った

という結末に。

なんとも後味が悪いが、危険が伴うニューヨーク市警察官なのに薄給という現実もそうだし、ニューヨークで生き延びたいなら知らんぷりし続けるべきだが、何のために警察官になったのか、という気もするし。とてもやるせない。

監督のアントワーン・フークアは、2001年の「トレーニング・デイ」という映画も監督している。コチラはイーサン・ホークとデンゼル・ワシントンが出ていて、警察の裏側を描くのが得意な感じ。リチャード・ギアは女たらしの役しか出来ないのか…。

クロッシング(字幕版)

クロッシング(字幕版)