El Mylar

映画・音楽作品の感想とか。

映画「Primal Fear 真実の行方」を観た

1996年の映画。リチャード・ギア主演、エドワード・ノートンの映画デビュー作。

あらすじ 前半

シカゴのカトリック大聖堂で大司教が殺害される。現場から逃走して逮捕されたのはエドワード・ノートン演じる「アーロン」という青年だったが、彼は無実を主張する。敏腕弁弁護士のマーティン・ベイル (リチャード・ギア) は世間の注目を集めるこの事件を聞き、アーロンの弁護を引き受ける。

一方、検察当局は、女性検事ジェーンが死刑判決を得ようとする。ベイルとジェーンはかつて上司と部下の関係で、一時期交際もしていた仲だった。

事件を調べていく中で、アーロンの過去、州検事と大司教の軋轢、スキャンダル、そしてアーロンの「二重人格障害」など、次々と疑惑と真相が浮かび上がってくる。本当の真実は何なのか。

あらすじ 後半 ネタバレアリ

州検事と大司教は同じ投資グループにいたが、大司教は地元住民の意見を尊重して投資計画を中止。旧友の州検事は投資の損失を被っていた。

一方、アーロンは二重人格障害で、別人格の「ロイ」が憑依して大司教を殺害していたことが分かる。ロイの人格が現れている間、アーロンとしての記憶は消えてしまうのだ。

殺害動機は、大司教がアーロンとその恋人を含む聖歌隊員たち (未成年) を使って、ポルノビデオを撮影していたことが原因だった。大司教からの性的虐待に対する復讐だったのだ。

これらを法廷で明らかにするベイル。するとアーロンの別人格ロイが現れ、検事ジェーンに襲いかかってしまう。裁判は中止となり、心神喪失を根拠にアーロンは無罪になる。精神鑑定のあと釈放されることになった。死刑を免れたアーロンはベイルと面会し、「ジェーンに襲いかかってすまないと伝えてくれ」と言う。

…ロイの人格が起こした出来事なのに、アーロンはなぜジェーンに襲いかかったことを覚えているのか?

疑問に思ったベイルが問いただすと、アーロンは真相を語り出す。

実はアーロンの二重人格障害は全て演技だった。本性は凶暴な「ロイ」の性格で、日頃は気弱な「アーロン」を「演技」していたというのだ。大司教による性的虐待は事実だが、大司教を殺した理由は「俺なりの芸術作品ってところさ」と吐き捨てる。

こんな奴が「心神喪失による無罪」と見なされ釈放されてしまうなんて…。俺は何をやってきたのか…。愕然と立ちすくむベイルを置いて映画は終わる。

感想

観ている最中は、多少の疑問も抱きながら、徐々に明らかになっていく真相に「なるほどそうきたか〜!」なんつって観ていたが、全て観終わって振り返ってみると、なんだこりゃ?となる点が多数。

大司教の反対によって投資の損失を被った州検事は、どうしてあんなに裁判に対して圧力をかけてきたのか?ココが納得行かない。

大司教がいなくなった今、中止されていた開発工事を再開できるかもしれない、と州検事が考えたとする。しかし、開発工事に反対していた地元ヤクザのマルティネスやピネロは、金を握らせても出ていかない。じゃあ秘密裏に「消して」やろう。そう考えるところまでは分かるが、だとすると、殺されるのはマルティネスが先じゃない?法廷で証言すると約束したピネロが直前になって殺されるのは、ミスディレクションのためのこじつけかなと感じる。

この州検事の圧力もそうだし、大司教の性的虐待問題もおざなりになって、最後まで処理されずに終わるのは消化不良。

「アーロンが実は二重人格障害でした」というところで何だかんだあるが、リチャード・ギアは「人はみな本来は善人だと信じてるんだ」とかいってカッコつけたり、明らかに嫌われている元恋人のジェーンと裁判所でイチャつこうとしたり、軟派でスケベなプレイボーイ気取りのリチャード・ギア演出が最高に不要。アーロンの弁護を引き受ける理由にもう少し説得力のある経緯がほしかったし、この映画にリチャード・ギアのセクシーな部分は要らねぇだろと。デレデレするの止めなさい!

せっかくカッコつけて無罪を勝ち取ってみたらアーロンの演技だと判明する最悪な展開だし、「ほ〜ら言わんこっちゃない」って感じ。リチャード・ギアが単純な事件をわざわざ胸糞悪く複雑にしちゃってたオチ。二重人格とかいうよくあるウソに騙されていて、どこが敏腕弁護士なんだ…。

エドワード・ノートンが二重人格、ということで、「ファイト・クラブ」を思い出したが、まさかこの映画がスクリーン・デビュー作とは。

カプリス情報

先日、メインサイト Neo's Worldシボレー・カプリスおよびリアスパッツフェチ というページを作った。コレを機に、映画にカプリスやリアスパッツ付きのクルマが登場したら、その情報を載せていこうと思う。

本作は1996年の映画で、裁判所や警察の描写が多いことから、第4世代シボレー・カプリスのパトカーが数多く登場する。リアスパッツ付きのカプリスは少なめ。


以上。シリアスな雰囲気だけど、落ち着いて振り返るとちょっと残念かな。

真実の行方 [Blu-ray]

真実の行方 [Blu-ray]