El Mylar

映画・音楽作品の感想とか。

渋谷でくじら肉が食べられる「元祖くじら屋」に行ってきた

前回の「ウーピーゴールドバーガー」に引き続き、渋谷グルメ紹介。

neos21.hateblo.jp

今度は渋谷109の横にある、鯨肉の料理が楽しめる「元祖くじら屋」に行ってきた。


元祖くじら屋!くじら肉の料理が食べられるお店です!

お昼時に行った。1階席は席数が少ないのか、2階席に通された。2階席は逆に1・2組しかいなくて静かに食事ができた。

ランチメニューとして、鯨肉の唐揚げや天ぷら、刺し身などの定食が用意されている。


くじら天ぷら定食!くじらのお肉初体験でしたが、獣臭さと青魚っぽい生臭さがあります…!食感はお肉に近い

まずは「くじら天ぷら定食」を頼んだ。人生で初めて鯨肉を食べたが、食感や肉感は馬刺しに近いような感じで獣臭くもあり、でもアジみたいな魚の生臭さもあり。「獣臭くて生臭いならマズイのでは…」と思われそうだが、正直、人による。「クセになる味」と表現するのが良いかも。


くじらのお刺身!肉厚な感じは馬刺しとか、ケモノっぽい感じ。でも魚系のお刺身って感じ。とても美味しい。

せっかくなので、焼いたり揚げたりしていない生の鯨肉を、ということでお刺身のミニセットも頼んだ。ショウガで臭みを誤魔化していたりするので、やはり一般的には「クサい食べ物」なのかも。後で調べたのだが、鯨やイルカの肉は血抜きをしっかりしないと血の味が凄いみたいで、調理も大変なんだとか。全然知らなかった。

で、僕としてはお刺身の方が生臭さが少なく感じられ、天ぷらよりも美味しかった。

お値段もリーズナブルなので、鯨肉の料理を食べたことがない人は一度試しに行ってみるといいかも。

日本の鯨食文化――世界に誇るべき“究極の創意工夫”(祥伝社新書233)

日本の鯨食文化――世界に誇るべき“究極の創意工夫”(祥伝社新書233)