読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mylar

映画・音楽作品の感想とか。

織田裕二 - Shake It Up

恋はあせらず」というドラマのオープニングテーマ。なのだが、ぼくはこのドラマの記憶がない。ただ、織田裕二がこの曲をミュージックステーションで歌っていた記憶がある。それと、この曲は HalfBeat で知られる前田たかひろ氏が作詞した楽曲なのだ。


Shake it UP YUJI ODA 織田裕二

(na na na na na na na na na)
ちがうんじゃないの? そーゆーの
そんな風に思ってるの?
ガマンをしないと 生きてけないわけない

欲しいモンが欲しいって なんでみんな言わないの
言葉にしないと消えちゃいそうな事ってあんじゃない?

大好きです 大嫌いです ちゃんと言っちゃえ
言っちゃおう 言っちゃいましょう

Say and Do what you do
“I do need you I need you Need you”
衝動ってどーしよーもなくなってんじゃない

Go and Do what you do
“I do need you I need you Need you”
どうなってもイイ そんな愛をすんだよ
ナンかいいじゃない?

ウズイちゃう古キズって イッコやニコ サンコある
裏切られちゃったり ヤになって すげぇいてぇヤツ

だいじょーぶじゃない 時だってある
過去なんかは いつだってカッコイイもんなわけない

Say and Do what you do
“I do need you I need you Need you”
望郷みたいで ちょい懐かしいじゃない

Go and Do what you do
“I do need you I need you Need you”
もどれない時間を生きるんじゃない
今日はどーでもいい

shake it up… shake
take your dream get it yo
Do it!

やめたいとか やめようかとか
なんちゃってカンタンに もうやめられないくせに

Do what you do
“I do need you I need you Need you”
だんだん夢って 遠くなっちゃうモンじゃない

Say and Do what you do
“I do need you I need you Need you”
そんなんでも 守れない夢はない 大事なものを

Do what you do
“I do need you I need you Need you”
どーしょーもない衝動ってケッコウあんじゃない

Go and Do what you do
“I do need you I need you Need you”
「キミだけだ。」なんて言えるくらい逢いたい人を

Do what you do “I need you Need you”…

個人的に気に入っている場所を太字にしたりした。

全体的に言葉遊びというか、直接的に意味が明確な文章ではないのだけど、そのおおらかさというか、おおざっぱさというか、漠然とした概念的なものを、逆に的確に突いてきている感じがして、とても好きな歌だ。その感覚的なものっていうのが、「ナンかいいじゃない?」の一言に集約されている気がする。

ぼくが特にこの歌に救われると感じるのは、「もどれない時間を生きるんじゃない」と歌いながら、次の瞬間「今日はどーでもいい」と許してくれているところだ。ちゃんと気持ちでは自分の時間を無駄にしたくないと思っているし、自分の人生なんだし自分で歩みたいと思っているんだけど、どうしても疲れていたり、別の悩みに邪魔されていたり、うまくいかないことも多い。そうやってダラダラとした日々が流れていくとき、この曲を聴いてハッとさせられると同時に、「そうはいっても、今日はもうどうでもいいっしょ、明日からぼちぼちやってこうぜ」と言ってもらえているような、そんな気がするのだ。

本人に聞いたら全然解釈ちげえよとか言われるかもしれないんだけど、ぼくなりの解釈で、ぼくはこの曲に救われているし、作者の本意のとおりには受け取れていないかもしれないけど、ぼくはこの曲が好きだ。

Shake it Up

Shake it Up

  • アーティスト: 織田裕二,前田たかひろ,小松秀行
  • 出版社/メーカー: マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1998/05/13
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (2件) を見る